佐野歯科医院・富士宮の浅間大社のすぐそばです。

インプラント

インプラントは、天然の歯と同じ「噛みごこち」がよみがえります。
見た目も自然で、人前で話したり、食べたり、笑ったり…
自分の笑顔に自信が持てます。
インプラントについてご心配なことがあれば、
お気軽にお問い合わせください。


※ 料金:1本216,000円(インプラントのみ)


インプラント治療の利点

  • 隣の健康な歯を削らずに、欠損部のみに歯が入れられます。

  • 取り外し式の入れ歯に代わって、固定式のブリッジを入れることができます。

  • 取り外し式の入れ歯の場合でも、インプラントを入れて土台にすることにより、固定が強化されます。

  • インプラントなら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。

  • 自然な外観や表情を取り戻すことができ、人前で話すこともまったく平気です。

  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。
    楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。

インプラント治療のバリエーション

歯を1本だけ失った場合

歯を1本だけ失った場合(写真)
  • “失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法です。

  • 欠損部にインプラントを入れることで、自分の歯のように感じられます。

  • 従来のブリッジのように両隣りの健康な歯を削る必要がありません。

  • 顎骨の萎縮の心配がありません。

数本の歯を失った場合

数本の歯を失った場合(写真)

数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

臼歯(奥の歯)を失った場合

歯のない部分が広い場合(写真)

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯でしか方法がありませんでした。これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の“固定式”人工歯を入れることができます。

歯がまったくない場合

歯がまったくない場合(写真)

下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。インプラントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。

 

インプラント治療はこのように行います

 

STEP 1 診断と治療計画

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。

STEP 2 インプラント手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

インプラント手術イメージ図
STEP 3 インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約1ヶ月(※)待ちます。この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

(※)骨の状態など、様々な条件により異なります。

STEP 4 歯の装着

インプラントの定着後、白いセラミックの歯を装着します。

 

インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯みがきと半年に一度は定期検診を受けましょう

 

インプラントを長持ちさせるためには?

インプラントの上に歯をかぶせ、インプラント治療が一応終了しました。それからが問題です。あなたのインプラントを長期に渡って機能させることができるかどうかはあなた次第です。

1.毎日の念入りな歯みがき 2.歯医者さんでの定期健診

※ページに記載されている価格はすべて税込価格です。

(c) SANO Dental-Clinic, All rights reserved.