佐野歯科医院・富士宮の浅間大社のすぐそばです。

いびき治療

佐野歯科医院では、佐野内科クリニックと提携して
いびき治療(スリープスプリント治療)を行っております。

習慣的にいびきをかく人は、
一刻も早く検査・治療を始めることをお勧めします。
そして、日ごろから自分の体調や状態に気を配り、
大事に至る前にいびきを解消・改善していきましょう。


歯医者でいびき治療「スリープスプリント」

 

いびきついて

※日本人の2,000万人がいびきをかき、そのうち10%の200万人が「睡眠時無呼吸症候群」と言われています。

 たかが「いびき」と思っていませんか?いびきには自覚症状がなく、自分では気付きにくいですが、いびきをかいて寝ていると、眠りが浅く、熟睡できていない事が多いのです。日中の疲れがとれず、集中力・記憶力・思考力・行動力などの低下が起こり、社会生活に様々な支障をきたします。そして、いびきの怖いところに10秒以上の無呼吸状態が続く「睡眠時呼吸障害」があります。無呼吸状態が長く続けば続くほど、血液と脳内の酸素が不足してしまいます。そして高血圧、不整脈、心臓病、脳梗塞などの病気を誘発する危険性もあります。たかが「いびき」と思ってそのままにしていると、大変な病気に繋がってしまうかもしれません。

 習慣的にいびきをかく人は、一刻も早く検査・治療を始めることをお勧めします。そして、日ごろから自分の体調や状態に気を配り、大事に至る前にいびきを解消・改善していきましょう。

 

スリープスプリントは?
 佐野歯科医院では、いびき治療としてスリープスプリントを用いた治療を行っています。
スリープスプリントというマウスピースを、寝ている間に口内に装着し、気道を広げ呼吸を楽にします。体を傷つけたり副作用などの心配もなく、安全で体に優しい治療法です。
レントゲン写真や歯形をとり、患者さんひとりひとりのお口の中の状態に合わせて作成します。2〜3回の来院で出来上がり、その後はご自宅で使用していただきます。

スリープスプリントをすると?

 スリープスプリントは、寝るときに口内に装着してください。気道が狭まったり、ふさがってしまうといびきや無呼吸は起こります。スリープスプリントを装着することで、下の顎を少し前方に突き出させ、気道を広げるので、呼吸がしやすくなり、いびきもかかなくなります。

正常な状態といびき症とスリープスプリントを装着した場合の図

 

スリープスプリントの長所

  • スリープスプリントは、お口に入る大きさなので、出張や旅行などの場合でも、携帯することができます。
  • プラスチック加工なので、丈夫で長持ちします。

スリープスプリントを受けられない方

 歯を固定源にしますので、残っている歯が少ない方(上下で20本未満)は治療は受けられません。また、いつも鼻がつまっている方や、神経質で寝つきの悪い方もできません。このような方には別の方法が良いと思われますので、専門病院へご紹介します。

 

保険と料金

 スリープスプリントは「医科で睡眠時無呼吸症と診断され紹介された患者さん」に限って健康保険の適用となります。当院へ来院する前に、内科・呼吸器内科・耳鼻咽喉科などの医療機関で検査をしていただき、医師の紹介状をお持ちください。※当院では佐野内科クリニックと提携しております。
これ以外の場合は保険は適用されません。保険適用外の方は、検査料および製作費として64,800円前後かかります。

●健康保険適用  : 3割負担(1〜2万円程度)
●健康保険適用外 : 64,800円前後(検査料・製作費として)

※ページに記載されている価格はすべて税込価格です。

(c) SANO Dental-Clinic, All rights reserved.